歯周病

歯周病とは

歯周病とは
 歯周病は、歯を支えている周りの組織(歯肉、歯根膜、歯槽骨)が歯周病菌によって破壊されていく感染症で治療をせずに放っておくと歯が揺れて噛めなくなり、最後には抜けてしまうこともある怖い病気です。
30歳以上の多くの方々がかかっており、歯を失う原因の約半数が歯周病と言われています。

 歯肉(歯ぐき)と歯の間にはポケットという1mmくらいのすき間があり、歯みがきを怠るとこのポケットにプラークが溜まります。溜まったプラークが歯石をつくり、すき間を押し広げていきます。これを積み重ねることで歯肉が炎症を起こします。歯肉の炎症を放置しておくと症状はますます悪化し最後には歯が抜け落ちてしまいます。

 歯周病はむし歯と違い、痛みなどの自覚症状が出にくく、気が付かないうちに手遅れになってしまうことも少なくありません。早期発見のためにも定期的に検診を行うことが大切です。

歯周病の原因

 歯周病(歯槽膿漏)の大きな原因は食べカスを栄養源とする細菌です。
清掃不良部位の細菌の増殖によるものがほとんどで、一度歯周ポケットを形成するとブラッシングのみでは除去できません。
 空気を嫌うこの細菌は歯の根の方向に深く進もうとする傾向があります。こうして歯を支える健康な繊維や骨を破壊していきます。

歯周病の進行

 歯周病の進行は非常に遅いため、普段の口腔内の変化ではなかなか気がつきません。
気づかないうちに歯周病は進行し、多くの人が歯槽骨が吸収して歯が動くのを感じてから初めて症状を自覚します。
 さらに歯周病は口腔内だけではなく、全身にも影響を及ぼすことが最近分かってきました。
歯周病菌そのものは強い病原性を持っているわけではありませんが、菌が歯周炎を起こした歯肉から血液に入りやすい状態になり、全身疾患の原因になる場合があるのです。

[進行度1] 歯ぐきがはれ、出血する

進行度1歯ぐきがはれ、出血する
歯肉(歯ぐき)が赤く腫れ、歯を磨いたり食事をした際に出血することもあります。
next

[進行度2] 口臭を感じるようになる

進行度2口臭を感じるようになる
歯肉の炎症はさらに進み、赤みが増し腫れぼったくなります。
歯周ポケット(歯肉と歯の間のすき間)が広くなり、出血したり膿が出てくる事があります。
next

[進行度3] 歯がぐらついてくる

進行度3歯がぐらついてくる
歯肉の炎症はますます進み、赤くブヨブヨとした歯肉になります。
歯周ポケットでの炎症により歯根膜、歯槽骨が先端部から溶けてきます。
next

[進行度4] 硬いものが食べられなくなる

進行度4硬いものが食べられなくなる
歯根を支えている歯槽骨がほとんど溶けてしまい、歯根が露出します。歯のぐらつきがひどくなり、硬いものは食べられなくなってきます。

歯周病の治療法

プラークコントロール

歯周病予防、治療共に基本となるのがプラークコントロールです。プラークコントロールとは歯周病の原因である歯垢(プラーク)の増殖を抑えることに重点を 置いた予防、治療法で、正しい歯磨きの仕方や歯間ブラシ、デンタルフロスなどを使用してプラークコントロールをする事が歯周病予防、治療の基本です。

スケーリング & ルートプレーニング

歯垢(プラーク)は時間が経てば歯磨きでは取り除くことができない歯石になり、歯石は歯周病菌の格好の棲家となるため、早めに取り除くことが大切です。歯石・歯垢(プラーク)を除去し、再び付着しづらくする治療法がスケーリング&ルートプレーニングで、歯磨きでは取り除けない歯石はもちろん、取り除けていない歯垢(プラーク)を歯医者で除去することによって炎症が収まっていき、歯周ポケットの深さも浅くなりますので、歯周病の進行を抑え、症状の改善が期待できます。

詰め物や被せ物の修正治療

詰め物や被せ物の不適合があると、歯垢(プラーク)が付着しやすく、歯磨きで除去する事が難しくなるため、詰め物や被せ物が合っているかを確認し、合っていなければ修正する治療が行われます。詰め物や被せ物が適合するようになるだけで、歯垢(プラーク)が付着しづらくなり、また付着した歯垢(プラーク)を取り除きやすくなるため、歯周病の進行を抑え、症状の改善が期待できます。

生活習慣の改善

病気、睡眠不足、ストレスを感じているときなど抵抗力が落ちているときは歯周病菌に感染しやすくなります。十分な睡眠、適度な運動、ストレス解消は歯周病を治療していくうえでも欠かせません。また、歯周病と関係の深い糖尿病にならないような食事、よく噛んで食べるなど食生活を見直す事も必要です。

歯周内科治療

『歯周内科治療』とは、 薬で歯周病を治す、新しい治療法のことです。

歯周内科治療は位相差顕微鏡で、お口の中に感染している細菌・真菌・原虫などを特定し、動画管理システムに記録しそれらの微生物に感受性のある薬剤を選択し、微生物叢を非常に綺麗な状態に改善することで歯周病を内科的に治す治療方法です。

治療前の非常に汚れた微生物叢が治療後は非常に短期間で綺麗に改善し、術前・術後の状態が一目瞭然に画像で示されるという利点があることが知られています。
また、はっきりと自覚できる程、歯茎からの出血や排膿が短期間で改善されます。以前は、長時間歯磨きや外科治療によって1~2年の治療期間でそのような綺麗な微生物叢を獲得していたのです。

微生物叢が改善されたら、歯石を除去します。
その場合も、微生物叢が改善されていると、冷たいものがしみるというような症状が非常に少なくなることが知られています。
なお、前歯においては短期間で歯茎が縮むので歯が伸びたような感覚が生じることがあります。
そのような場合には残念ながら通常の治療では元々骨が溶けている状態ですので改善は難しいようです。このような場合は特殊な審美外科を行う必要があるかもしれません。

歯周内科治療の治療方法

この治療方法は4つの大きなポイントがあります。
  1. 位相差顕微鏡での菌の確認
  2. 細菌の除去薬剤の内服
  3. カビの除去薬剤あるいはカビとり歯磨き剤での歯磨き
  4. 除菌後の歯石とり
特に1は、非常に大きなポイントです。
位相差顕微鏡でお口の中の菌を確認しなくてはなりません。
歯周病菌がいるのか、カビが多いのか、あるいは非常にきれいなのか、位相差顕微鏡で確認しないと、お薬の選択ができないのです。

※歯周内科治療の処置はすべて保険外治療になります。
(虫歯の治療や歯をかぶせるなどの治療は保険を適応することは可能です。)

位相差顕微鏡検査のすすめ

顕微鏡検査では歯周病菌やカビ菌がほとんどの方に見られます。われわれは患者さんのお口の中の汚れをほんの少し採取し、それを顕微鏡で観察します。

顕微鏡で見ることで、今現在の菌の状態を確認することができ歯周病になりやすいかどうか、今はどういう状態なのか、これからどういう状態になっていくのかが分かります。

さらに映し出された動画像を拡大表示する機能を用いて、治療効果のよりわかりやすい説明を聞くことが可能です。

※顕微鏡検査は無料です。

歯周病を薬で治す治療

歯周病は主に口腔内の細菌が原因で発病します。
現在行われている歯周病治療は、歯石を除去する事で菌を減らす事が出来ても、完全に除去することができないため、いわゆる「対処療法」でしかありません。
歯周内科治療は、お薬で除菌する治療法で、完全な菌の排除を目指しています。発見が早いほど、菌を取り除くだけでも完全に治す事が可能になりました。

歯周内科では、検査内容に応じて最適な内服薬や歯磨き粉で治療を行います。
お口の中を清潔にする方法ですので、歯周病の進行状況に関係なく予防にも最適 です。

歯周内科治療の流れ

1,検査

まずはお口の中の状態を確認し、患者様の生活習慣などをお伺いします。
next

2,顕微鏡検査

位相差顕微鏡で、お口の中に感染している細菌・真菌・原虫などを特定します。
next

3,抗生剤

特定した微生物に感受性のある薬剤を選択し、処方します。
next

4,スケーリング

歯周病の原因となる歯石・歯垢(プラーク)を除去することによって炎症を収め、歯周病の進行を抑えます。
next

5,再検査

お薬の処方後、もう一度検査をしてお口の中の状態を確認します。

歯周内科治療で使用する「ジスロマック(抗生剤)」

ジスロマック(抗生剤)

ジスロマック(抗生剤)
ジスロマック(抗生剤)は歯周内科治療で使用する飲み薬で、内科などでも一般的に使用されている薬です。
※この薬は3日間続けて飲んでいただくと、1週間ほど効果が持続します。

口臭予防・オーラルケア剤「薬用 ペリオバスターN」

オーラルケアの常備薬「薬用 ペリオバスターN」

オーラルケアの常備薬「薬用 ペリオバスターN」
歯周病菌が活発な方に効果的
お口の中に細菌が多い方、歯周病が気になる方、ネバつきや口臭が気になる方におすすめです。


■ 使用方法

  • お口の中にぺリオバスターを2〜4回プッシュし、20秒ほどお口の中に行き渡らせます
  • そのまましっかり歯を磨き、磨いた後はよくゆすいでください
  • 1日3回ペリオバスターNで歯を磨いてください
  • 通常の歯磨き粉を使用したい方は、ぺリオバスターNを使用前にお使いください

歯周病を再発しないために

歯周病が治ったら再感染に気をつけましょう!
回し飲み、回し食い、箸の使いまわし、キス、くしゃみなどで感染する場合があります。
ご家族から感染する場合がございますので、夫婦一緒に治療することをお勧めします。

ホームケア・メンテナンスの大切さ

お口の中を清潔に保つことが大切です。
お口の中が清潔であれば歯周病菌が感染する可能性は低くなります。
そこで毎日の歯磨きが大切です。歯科医院でブラッシングのコツを教えてもらいましょう。
毎日の歯磨きで歯周病菌が増えることを防ぐことができます。
自分で磨けない部分が必ずありますので、定期的に歯周病をおこす細菌が再感染していないか、また、お口の中が再感染しやすい環境になっていないか、歯科医院での顕微鏡を用いた定期検診を受け、歯のクリーニングを受けましょう。