院長・スタッフ紹介

院長紹介

院長 遠藤 玄賢

サンプル画像
[ご挨拶]
 当院では患者様の苦痛・不安をよく聞いて、病状や治療方法を丁寧に説明し、治療を進めていくことを大切にしています。

 歯医者さんは「痛くて怖い」というイメージをお持ちの方は多いと思います。
 当院では患者様の苦痛を和らげて、リラックスして診療を受けていただけるよう最大限努めていますので、お気軽にご来院下さい。

[略歴]
平成16年 北海道医療大学歯学部 卒業
平成17年 北海道大学病院口腔顎顔面外科 入局
平成20年 ファースト歯科クリニック 勤務
      ファースト歯科クリニック 分院長
平成25年 遠藤歯科クリニック 開院

院長インタビュー

1、歯科医師を志したきっかけは?

医療の家系に生まれたことが大きいですね。

幼いころから医療を身近に感じる環境にいれたことで、
地域の皆さんに貢献出来る仕事として、素晴らしいことだと思っていました。
なので、ごく自然に歯科医師を志した感じです。

2、予防歯科を掲げていますが

歯科は虫歯が出来てから治療する場所と思われがちですが、
虫歯や歯周病に罹患したあとは、いくら治療しても元の状態に戻すことは不可能なんですね。

健康な状態を維持することのお手伝いこそが、歯科医療における原点だと思っているので、当院では予防に力を入れています。

3、歯周内科治療を行ってますが

歯周病は感染症です。

西洋医学では感染に対し外科的侵襲を行うことはしません。基本的に細菌をできるだけ除去してから、必要があれば外科的な処置を行います。

歯周病では細菌感染をできるだけ取り除いてから歯石を除去するなどの治療を行うべきです。そのとこを実践するのが歯周内科治療です。

当院では、プログラムに沿って治療を行っておりますので、お気軽にご相談頂ければと思います。

※歯周内科治療について詳しくはこちら 

4、歯科用CTを導入されてますが

CTが一般的ではなかった頃は、2次元の画像でしか病変を観察できませんでした。

CTを医院に導入することで今まで見えなかった病変が、3次元だからこそ確認することが可能になりました。

難治性の根管治療やインプラント手術の際に、非常に有効的に活用することが出来て助かってますね。

その他にも、より的確な診査診断をするために必須のものです。

どうぞ、安心してご来院ください。

※歯科用CTについて詳しくはこちら

5、地域の皆様に一言お願いします。

”一歩先の医療”を皆様にご提供したいと常々思っています。

スタッフ一同、日々研鑽してより良い歯科医療をお届けしてまいりますので、どうぞ、これからも宜しくお願いいたします。

日々の診療風景

院長1
院長2
スタッフ1
スタッフ2
スタッフ一同いつでも笑顔を絶やさずに、皆様のご来院をお待ちしております。

ご不明な点がありましたら、遠慮なくお問い合わせ下さい。